FC2ブログ


溺れて飛べずに仲間達

※ よい子はマネしないでください

 Title スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |

 Title 嫁可愛いよ嫁の妄想

2010/11/24(水) 06:45:04
戦地に赴くのは男だと、いつ誰が決めたんだろう。
そんなジェンダーはとうに無くなり、もはや女子供すら関係ないはずだ。
だからこそ今こうしてここにいる。
しかも、もう既にいくつもの危険をくぐり抜けてきた。
今更危ないなんて通用するはずがない。
だから、だから

「だめ」

この人がこんなに頑固だなんて知らなかった。
頼まれれば二つ返事で何でも受けてしまったり、何をされても笑顔で答えてくれたり。
そんな人だとずっと思ってきたのに。

「だめ。待ってて」

そんな真面目な顔、初めて見た。
普段は照れて手すら繋がないのに、ぎゅっと抱きしめられれば何も言えなくなってしまう。

長距離遠征の時は軍事ヘリで移動する。
凄まじいプロペラの音は“行ってらっしゃい”も“無事に帰ってきて”も掻き消した。
このまま何も伝えられないままなんて、いやだ。
ヘリに駆け寄りステップに足を掛けると、彼は悲しそうな笑顔で手を貸してくれた。
その掴んだ手を優しく引き寄せられて突然顔がゼロ距離になる。
すぐに離れた顔はいつもの笑顔でいっぱいだった。

「だいすき」

浮上しつつあるヘリからそっと押し出され、余りの強風にふらつきしりもちをついた。
立ち上がる気力が沸き起こる前に、ヘリはどんなに頑張ってジャンプしても届かない所へ飛んで行った。


スポンサーサイト
色んな文 | TB : 0 | CM : 0 |

HOME大阪

COMMENT

COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  この記事のURL:
   http://johnny99.blog10.fc2.com/tb.php/1519-08c2964b


HOME
   
Copyright © 2018 溺れて飛べずに仲間達, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。